アプリケーションノート

アプリケーションノート - 酸露点温度測定排出と効率を向上する酸露点温度の測定  

酸露点温度 (ADT) の測定は、さまざまな石炭および石油燃焼プロセスにおける燃焼効率、環境コンプライアンス、プロセスの最適化のために重要です。Lancom 200 ポータブル分析機器は、ADT測定に貴重なツールを提供します。


E-マガジンを読む >

またはこちらからダウンロード >









アプリケーションノート - 石炭処理安全石炭粉砕ミル中の植物の安全性を強化し、一酸化炭素監視によるサイロ保管

石炭の取り扱い、処理または保管が行われるあらゆる場所で、怪我、損傷、およびダウンタイムの原因となる不要燃焼のリスクが発生します。安全な石炭取扱い慣行は、鉱山からボイラー内で点火するまでの間、燃料が無傷のままであることを保証するように設計されています。


E-マガジンを読む >

または こちらからダウンロード >








アプリケーションノート - フレアスタック監視フレアスタックを効果的に監視する熱画像化の利点

フレアスタックは燃焼による過剰ガスを安全に処理するため、化学および石油化学業界で使用されます。工場設備の予期しない過圧を防止するために、不要な廃ガスや可燃性ガスが放出される可能性があります。これらの未処理の炭化水素を単に空気中に排出するだけで、環境上の危険が生じます。

E-マガジンを読む >

または こちらからダウンロード >









アプリケーションノート - 再加熱炉の温度測定金属再加熱炉の温度測定

再加熱炉は、圧延、押出成形、鍛造に合わせて冷間金属を適切な温度にします。最適な品質および廃棄物を削減するために製品全体に温度が均一でなければならず、正確な温度監視が必要です。

E-マガジンを読む >

または こちらからダウンロード >










アプリケーションノート - コークスオーブンの温度測定コークスオーブンの温度測定

高品質冶金コークスは、原材料の品質が加熱ファーネス運転や溶銑の水準に影響する鉄鋼生産には極めて重要な原材料です。コークスは、酸素がない状態のコークスオーブンで石炭を加熱することによって生産されます。コークスの品質と量、ならびにオーブンの寿命は均一な温度レベルに左右されるため、これらの注意深い監視が必要です。

E-マガジンを読む >

または こちらからダウンロード >









アプリケーションノート - セメント製造の温度測定セメント製造の温度測定

キルンの内部と周辺の温度を監視することは、効率的なプロセスと、品質が安定しているセメントを製造するために不可欠です。また、キルンの耐火性や、クリンカーが十分に急冷されないなど、検査されなければ生産中止につながる可能性となる問題の早期発検出も可能にします。

E-マガジンを読む >

または こちらからダウンロード >










アプリケーションノート - ガラス強化ガラス強化

強化ガラスや安全ガラスとも呼ばれる熱強化ガラスは、熱処理後、制御された方法によって空気急冷セクションで急速に冷却されたガラスです。このプロセスは透明な板ガラスよりはるかに弾力性のあるガラスを作ります。

E-マガジンを読む >

または こちらからダウンロード >









アプリケーションノート - 高炉高炉、ストーブドーム、熱風主管

高炉で製造される鉄の品質と組成は、炉床の温度に直接関係します。これは高炉ストーブから供給される熱風の温度に左右されます。ストーブの効率を最大にするためには、ストーブは耐火物の安全な作業限界近くで高温で稼働します。このため、ストーブの温度を注意深く監視することは不可欠です。
 
E-マガジンを読む >

または こちらからダウンロード >








アプリケーションノート - ラドルフリーボードの温度測定ラドルフリーボードの温度測定

安全と効率のため、ラドルが溶融金属で充填されるときに鉄鋼レベルを監視することは不可欠です。これはラドルフリーボード、上端と内部溶融金属の表面との間のラドル区域を測定して実現します。 
 
E-マガジンを読む >

または こちらからダウンロード >









アプリケーションノート - ガラスタンク耐火材監視ガラスタンク耐火材監視

ガラス炉の耐化材の状態は、安全とプロセス効率にとって極めて重要です。
タンクの寿命が終焉を迎える頃が特に重要となっています。耐火材が劣化すると燃料費の増加となる場合があり、
またガラスが割れたり、耐火に失敗したりする原因となる可能性があります。

 
E-マガジンを読む >

またはこちらからダウンロード >