HotSpetIR - コークスコンベア

AMETEK Land Fixed Thermal Imagers and Line Scanners - HotSpotIR for Conveyor Belts
コンベアベルト材料上に現れるホットスポットを検出するように設計された、非常にコンパクトで高速応答の赤外線走査式システム。 
  • 概要 +


    産業環境向けに設計された固定焦点式のHotSpotIR高速走査式システムは、火災の原因となる前に移動コンベア上の小さな熱い封入物を検出します。信頼できる警報処理は、ソフトウェアまたはコンピュータの要件なしに実現されます。 
     
    HotSpotIRは、動いているコンベア上の小さな粒子を迅速に識別し、損傷や高価なシャットダウンを防ぎます。高解像度で高速なスキャン速度により、25mm(1インチ)の小さな熱い粒子を検出することができます。 
     
    専用プロセッサに接続すると、スキャナはベルト表面全体まで測定できます。表面のいずれかの部分がユーザー設定の制限を超えている場合は、消火システムを起動するように設定できるアラームが作動します。  
     
    HotSpotIRは、危険な環境で使用するためのオプションのバージョンを使用して、 炭化水素処理産業処理発電および セメント産業における材料の安全な輸送および保管を保証するのに適しています。  

    正確なホツトスポットの検出
    1000個の温度スポットにわたる高解像度監視、100Hzまでのユーザー調整可能な走査速度、および±0.5 °C(0.9 °F)、HotSpotIRはコンベアベルト全体をわずか25mm(1インチ)のホットスポットから保護します。 
     
    改善された安全性
    連続的かつ正確で迅速な監視手段により、ホットスポットを検出し、100分の1秒でアラームが発生し、工場オペレータは潜在的に危険な状態に迅速に対応することができます。これは、より安全な従業員、損害およびダウンタイムのリスクの軽減、保険コストの削減を意味します。

    非常にコンパクトなデザイン
    HotSpotIRは、材料の移送直後にベルトの下に配置するのに十分小さく、ベルト表面全体を監視することができます。コンベアの上に置いて、装填する前に材料のホットスポットを見つけることもできます。 
     
    HotSpotIRはAMETEK Landのコンベアベルトシステム用のコンパクトで正確なスキャナです。

    危険区域認証
    ATEXロゴ
    オプションのAMETEK Land Ex HotspotIR Zone 20/22は、欧州指令2014/34/EU(ATEX)に準拠しています。詳細は、仕様表を参照してください。

     

  • 仕様 +


    測定範囲
    HotSpotIR-25 - 20~250 °C / 68~482 °F
    HotspotIR-40 - 50~400 °C / 122~752 °F 
    HotSpotIR-60 - 100~600 °C / 212~1112 °F 
    応答速度 HotSpotIR-25 - ≤10 µs 
    HotspotIR-40 & HotSpotIR-60 -  ≤5 µs 
    スキャン速度 10~100Hz - ユーザー調整可能
    スキャン角度 80 °
    再現性  ± 0.5 °C / 0.9 °F
    放射率 0.20~1.00
    焦点および視野 1200mm固定焦点
    目標距離:> 1200 / 47.2 "、他の距離ではFOV 100:1
    目標距離 > 1200 / 47.2 "、他の距離ではFOV 100:1
    周囲温度
    5~60 °C / 41~140 °F(指定)
    5~70 °C / 41~158 °F(動作中)
    スペクトル応答 公称3~5 µm
    寸法 206 x 209 x 100 mm / 8.1 x 8.2 x 3.9インチ
    位置合わせ  クラス2、最大。 635nmで出力1.0mW、IEC60825-1:2001
    環境密封 IP65
    EMC EN 61320:1999クラスA(免除および排出); IEC 1010(安全)
    承認 ATEXロゴ 利用可能なHazlocバージョン; ATEX Zone 20およびATEX Zone 22オプション
    MARCOM0418
  • ドキュメンテーション +

  • 関連アプリケーション +

    • Cement - Clinker Cooler
      クリンカクーラ

      クリンカクーラがコンベヤーベルトに到達して火災の危険を引き起こす前に、クリンカクーラで高温の封入物を検出することが不可欠です。当社のソリューションはHotSpotIRラインスキャナです。

      引き続きお読みください

    • Iron to Steel - Coke Conveyor
      コークスコンベア

      冷却ング後のコークス中のホットスポットは、ベルトの損傷や火災の原因となります。HotSpotIRは、火災リスクを早期に検出するための専用の監視ソリューションです。

      引き続きお読みください

    • Biomass - Coal - Conveyor Operations
      コンベア操作

      コンベアベルト上のホットスポットをすばやく検出することで、機器の損傷や火災の発生を防止します。当社は、この用途向けのコンパクトな高速応答ソリューションとしてHotSpotIRを提供しています。

      引き続きお読みください

    • Iron to Steel - DRI Transport
      DRI輸送

      ダイレクト還元鉄(DRI)は自然発火性のもので、ホットペレットはベルトに穴を開けるか、ベルト火災の原因となります。AMETEK Landはこの用途向けにHotSpotIRを提供しています。

      引き続きお読みください

    • Paper - Super Calendering
      スーパーカレンダー加工

      スーパーカレンダーロールのホットスポットを早期に検出することで、ロールカバーの損傷を防ぎ、数百万円もの修理費用を節約することができます。当社のHotSpotIR走査式システムを推奨します。

      引き続きお読みください

    • Wood - Wood Chips on Conveyor
      コンベア上の木材チップ

      木材チップに使用される乾燥プロセスの有効性は、コンベヤベルトでの継続的な熱監視によって確認することができます。AMETEK Landはこの用途のHotSpotIRを推奨しています。

      引き続きお読みください