Skip to content

走査式放射温度計・LSP-HD・ガラス強化炉向け

LSP-HD 熱画像システム・走査式放射温度計
コンパクトで洗練されたLSP-HD高精度 赤外線走査式放射温度計は、移動する対象物の熱画像を生成するように設計されています。
  • 概要 +


    LSP-HDシリーズは、標準的なイーサネット接続を使用して容易に統合されたコンパクトな赤外線ラインナップで、さまざまなアプリケーション固有のモデルで非常に正確な温度測定を提供します。

    LSP-HDは、1秒間に150スキャンという高い走査速度で1000データポイントの産業最高レベルの走査パフォーマンスを提供し、プロセス画像定義の新しいベンチマークを設定し、プロセス制御の改善および一貫性のある製品品質に対する最小温度差を検出します。

    統合は簡単です。センサヘッドからのシングルのイーサネットデータ接続は、別個のプロセッサの要件を取り除きますが、Power over Ethernet技術(PoE)の採用は、すべての電気的接続がただ1つのイーサネットケーブルを使用して行われることを意味します。スキャナは1本のケーブルを必要とするため、設置費用が大幅に削減されます。

    既存のAMETEK Land Infrared Linescannerの設置場所と後方互換性を持つLSP-HDは、 ガラス産業用加工 および 産業の特定の産業用途向けに最適化された多数のモデルで利用できます。

    産業をリードする測定
    過酷な動作環境で動作するように設計されており、20℃(68℃ °F)~1700 °C(3092 °F)温度が高い場合、LSP-HDの高品質光学系は、優れたプロセス制御のために比類のないスキャン速度で高精細な熱画像を生成します。高温モデルは、300または500:1のスポットサイズまで、産業をリードする完全焦点可能な光学系を備えています。すべてのLSP-HDスキャナには、傷や酸、溶剤に強い耐久性のあるサファイヤ保護ウインドウが装備されています。統合されたレーザアラインメントの検証が標準です。

    簡単な低コストの設置
    プラグアンドプレイの設置では、PoE(Power over Ethernet)接続が1本のケーブルを使用しているため、複雑さおよびコストが削減されます。イーサネットインフラストラクチャは、産業標準のケーブルおよび接続を使用します。さまざまなアナログおよびデジタルインターフェイスが利用できます。

    Landscan LSP-HDは、高度なWCAディスプレイおよび分析ソフトウェアと一緒に使用することも、他のシステムとデジタル通信で独立して使用することもできます。信号処理機能の多くはスキャナ内に直接組み込まれているため、別個のPCは不要です。Landscan LSP-HDは、Siemens S7 PLCおよびibaPDAと直接通信できます。工具不要のクイックリリース機構を備えた冷却されパージされた取付は、配管工事を行わなくてもスキャナの取り外しおよび再設置を簡素化し、迅速に行えます。

    逆の互換性
    LANDSCAN WCAソフトウェアと互換性のあるプラグアンドプレイで、LSP-HDは既存のLANDSCAN赤外線ラインスキャナのすべての設置に適合し、アップグレードおよび交換が容易です。旧型と同じフォームファクタは、既存の取付金具を変更する必要がないことを意味します。

    LSP-HDラインナップは、AMETEK Landの市場をリードする移動プロセス用の赤外線サーマルイメージャです。
     
  • モデル +


    Model Temperature Range Key Applications
    LSP-HD 10, 11 & 12
    LSP-HD 10 600 to 1400 °C / 1112 to 2552 °F Continuous Caster
    Reheat Furnace - Exit
    Hot Strip Mill
    Hot Plate Mill
    Hot Beam Mill
    LSP-HD 11 700 to 1500 °C / 1292 to 2732 °F
    LSP-HD 12 800 to 1700 °C / 1472 to 3092 °F
    LSP-HD 20, 21, 22 & 23
    LSP-HD 20
    200 to 850 °C / 392 to 1562 °F
    Continuous Annealing Lines
    Annealing Furnaces
    Galvanising and Galvanneal Lines
    Hot Strip Mill
    Hot Plate Mill
    LSP-HD 21  300 to 1000 °C / 572 to 1832 °F
    LSP-HD 22  400 to 1200 °C / 752 to 2192 °F
    LSP-HD 23  250 to 1000 °C / 482 to 1832 °F
    LSP-HD 5FL, 50, 51 & 52
    LSP-HD 5FL  150 to 750 °C / 302 to 1382 °F
    Float Glass Lines
    Lehr and Lehr Exit
    Glass Toughening/Tempering
    Glass Forming/Bending
    Glass Coating
    Solar Panels
    LSP-HD 50  150 to 750 °C / 302 to 1382 °F
    LSP-HD 51  250 to 850 °C / 482 to 1562 °F
    LSP-HD 52 500 to 1100 °C / 932 to 2012 °F
    LSP-HD 60, 61, 62 & 63
    LSP-HD 60
    20 to 250 °C / 68 to 482 °F
    Paper Rolls
    Paper Webs 
    Paper Conveyors
    Rotary Kilns
    Non-woven Dryers
    Torpedo Cars
    Thermoforming
    Plastic Extruders
    Galvanizing lines
    LSP-HD 61  50 to 400 °C / 122 to 752 °F
    LSP-HD 62  100 to 600 °C / 212 to 1112 °F
    LSP-HD 63  50 to 850 °C / 122 to 1562 °F
    LSP-HD 71
    LSP-HD 71  50 to 350 °C / 122 to 662 °F
    Plastic Polymers
    Thin Plastics

    Plastic Thermoforming
    Steel Paint Coating Lines
  • 仕様 +


    温度 20~1700 °C / 68~3092 °F
    スキャン角度 80° (40°に調整可能なソフトウェア)
    スキャン速度 10~150Hz(ユーザーは1Hz刻みで調整可能)
    サンプル数 1000サンプル 
    接続 M12コネクタ経由の産業用イーサネット 
    信号処理  最小 / 最大 / 平均 / 分位数 / 平均しきい値で最大14のユーザー構成可能ゾーン
    14ゾーンに基づく警報 
    I/O  PoE対応TCP/IP産業用イーサネット
    周囲温度(指定)  5~60 °C / 41~140 °F
    周囲温度(動作時)  5~70 °C / 41~158 °F 
    寸法(幅x高さx奥行)  206 x 209 x 100mm / 8.1 x 8.2 x 3.9インチ 
    レーザ  クラス2、635nmで最大出力1.0mW、IEC60825-1:2001
    スキャン面および程度を含む 
    環境関連  IP65 
  • ソフトウェア +

  • ドキュメンテーション +

  • 関連アプリケーション +

    • Cement - Kiln Shell
      窯シェル

      窯の長さに沿った継続的な監視は、潜在的な耐火ライニングの問題を示します。この用途の推奨事項は、高解像度LSP-HD 62ラインスキャナです。

      引き続きお読みください

    • Aluminium Strip Mill - Rolling Mill
      圧延機

      SPOT AL EQSは、再焼鈍/仕上げコストの削減、ミルの問題の検出、プロセス制御の改善を可能にする、明るく半完成の熱合金ストリップの正確で再現可能な温度測定を提供します。

      引き続きお読みください