NIR-B 炉内監視用サーモグラフィー・熱画像システム

炉内監視用サーモグラフィー
炉内の温度分布を測定するために設計された、短波長赤外線サーモグラフィー・熱画像システム
  • 概要 +


    炉内の温度分布を測定するために特別に設計された炉内監視用サーモグラフィー NIR-Borescopeは、AMETEK Landの最先端の近赤外線画像を使用して、連続した高精細な熱画像を作成します。

    NIR-Bは、正確な温度情報を含む詳細なライブラジオメトリック画像を生成することにより、オペレータが324,000のライブデータポイントのどれかを測定することができ、炉温度および燃料使用量の特定の最適化を可能にします。

    ギガビットイーサネット接続による24/7カバレッジにより、自動警報出力により、ユーザーにあらゆる問題が即座に通知されます。熱異常は、制御室の安全からすべての位置を連続的に監視することで、検出が容易です。

    炉に加えて、NIR-Bは、 鉄鋼鉱物発電および 装置産業において、回転式セメント窯、焼却炉およびボイラを使用する用途にも理想的です。

    90または44 ° 視野角の選択
    サーモグラフィーは、通常、臨界領域を見ることができるように、耐火壁に大きな開口部を必要とします。NIR-Bは視野角(水平)が90または44 ° の広角レンズ先端を収容するために壁に細い穴が必要とあし、広範囲の測定領域を提供します。

    全体写真の撮影
    詳細な656x494画像を生成することで、カメラは連続的なプロセス監視を行い、炉全体およびその内容のライブ放射熱画像を作成します。警報を設定すると、構造的な問題の発生が検出され、プロセスの効率が保証されます。

    オーバヒートに対する保護
    高性能な水冷システムを使用して、NIR-Bにはプローブの先端に熱電対も取り付けられています。これにより、最高温度を超えた場合にオペレータに警告し、機器の損傷を防ぐために機器を取り外すことができます。

    NIR-Bは、AMETEK Landの炉内監視用サーモグラフィー です。

    アプリケーションノート
    アプリケーションノート - 金属再加熱炉の温度測定 金属再加熱炉における温度測定
    再加熱炉は、圧延、押出または鍛造のために冷たい金属を適切な温度に持っていきます。最適な品質および廃棄物を減らすために、製品全体に温度が均一でなければならず、正確な温度監視が必要です。続きを読む > ビデオを見る >




    知ってますか? 利用できる特別な適用….
    Did you know...Special Application

  • 仕様 +


    測定範囲
    600~1000 °C / 1112~1832 °F  
    800~1400 °C / 1472~2552 °F 
    1000~1800 °C / 1832~3632 °F 
    スペクトル応答 0.78~1.1 µm
    フレームレート 30fps(ギガビットイーサネット)
    画像ピクセル 656 x 494
    精度 1% 
    密封 IP 65 / NEMA 4
    再現性 1 °C
    データ出力 ギガビットイーサネット上のデジタルデータ 
    ソフトウェア Windows用完全Land画像処理ソフトウェア(LIPS)パッケージ
    標準付属品 電源、ケーブル、ソフトウェア、クローズアップレンズ、水冷/パージドマウントおよびチューブ
    視野(水平x垂直) 44° x33° または90° x67.5°
    即座の調節
    1.2mrad (44°) / 2.4mrad (90°) 
    焦点範囲 1000mm~無限
    プローブの長さ 305、610または915mm (12”、24”または36”
    プローブの直径 61mm (2.4")
    マウント 3 "ANSI 150 RFフランジおよびガスケットまたはPN16 DN80フランジおよびガスケット(12インチスタンドパイプ)の選択
    寸法 254x560x810 mm *(*または1120または1420 mm)
    10インチx 22インチx 32インチ**(**または44インチまたは56インチ)
    定格出力 24V dc、3ワット
    重量 15kg(24インチ用)
    MARCOM0390
  • ドキュメンテーション +

  • 関連アプリケーション +

    • Coal - Boiler/Furnace Operation
      ボイラ/炉操作

      ボイラや炉で石炭を効率的に燃焼させることは、発電の重要な段階です。当社のソリューションには、FTI-Eb、NIR-B、Lancom 200、CDAなどがあります。

      引き続きお読みください

    • Cement - Burning Zone
      燃焼ゾーン

      燃焼ゾーン内の温度を監視することは、品質および効率にとって不可欠です。この用途には、NIR-BサーマルイメージャとSPOT R100温度計を推奨します。

      引き続きお読みください

    • Hot Rolling - Reheat Furnace
      再加熱炉

      再加熱炉は、鋼の冷たいビレット、ブルームまたはスラブを圧延するための適切な温度に加熱するので、慎重な熱制御が必要です。ソリューション:FTSまたはNIR-B。

      引き続きお読みください

    • Forging - Rotary
      回転

      回転鍛造では、金属はハンマー打ち作業の間で回転し、温度監視が必要です。この用途では、SPOT R100温度計またはCyclops 100Lを推奨します。

      引き続きお読みください