NIR-B Glass - ガラスタンク窯

AMETEK Land Fixed Thermal Imagers & Line Scanners - NIR-B Glass
ガラス炉の用途で正確な温度測定値を返すように、特別に開発されたボアスコープ熱画像カメラ。  
  • 概要 +


    AMETEK Landの最先端のNIR-B熱画像カメラの特定用途バージョンであるNIR-B(Near Infrared Borescope)ガラスは、ガラス溶融炉内の温度を正確に測定する詳細なライブラジオメトリック画像を作成します。

    NIR-Bは従来の手動炉監視方法に比べ大幅に改善されており、高精細324,000ピクセル画像の温度を連続的に計測します。また、高品質を保証し、炉構造損傷を検出し、および溶融タンクの効率を向上させるリアルタイムな監視を提供します。

    実績のある当社の短波長NIR熱画像技術を使用して、カメラは専用のLIPS NIR処理ソフトウェアを実行するWindows PCに接続します。これにより、正確なデータ分析が可能になり、24時間365日の監視のための自動警報と制御が可能になります。

    NIR-Bガラスは、1000〜1800 °C (1832~3272 °F)の高温測定に最適です。フロートガラス、コンテナガラス、ホウケイ酸ガラス、ファイバーグラス溶融炉などの ガラス 産業用途に適しています。

    手動監視は不要
    光学プロファイルの撮影は、視覚的なカメラでは温度を読み取ることができない一方、撮影し終えるまで長時間に及んだり、撮影者のミスで途切れてしまったりと確実性がありません。光学プロファイルおよび画像内の任意の点を連続的にモニタリングすることで、NIR-Bガラスは、炉の最適化およびアラームを設定して炉の効率に影響を与える空気およびガラス漏れを検出することができます。 

    アプリケーション固有の解析
    継続的な高解像度測定により、リアルタイムでのバッチ監視、フレームの最適化、および耐火寿命を低下させることなくエネルギー効率を向上させ、引上げ速度を最大化するために必要なデータを保証します。関心領域(AOI)はユーザー定義できますが、デジタル入力機能では反転時にポートアーチ温度を測定できます。

    フルスクリーン取得
    伝統的なサーマルイメージャは、臨界領域の観察を可能にするために、耐火壁に大きな開口部を必要とします。プロセスの混乱を最小限に抑えるために、NIR-Bガラスは視野角90°の広角レンズ先端を収納する小さな直径の穴が必要です。

    SVA空気圧自動回収システム
    SVAロゴ水の流れ、空気圧、電気供給、または高いボアスコープのチップ温度警報が失われた場合の過熱によるサーマルイメージャの自動収縮および保護を目的に設計されています。システムには、失われた場合に完全な引き込みを確保するための空気リザーバ(アキュムレータ)があります

    NIR-Bガラスは、AMETEK Landのガラス炉用サーマルイメージャです。

    ケーススタディ
    AMETEK Land Encircケーススタディ革新的な赤外線熱画像はEncircでの炉運転を最適化しました
    リーディングガラスメーカーのEncircは、AMETEK Landのリアルタイム炉内熱画像近赤外線Borescope(NIR-B)を導入し、炉の運用を最適化し、チェシャー(イギリス)のElton工場で排出量の削減を導入しました。続きを読む >


    ボアスコープは、ガラス生産ホロファンの炉動作を改善するのに役立ちますボアスコープは、ガラス生産者ホロファンの炉作業を改善するのに役立ちます
    1921年以来照明ソリューションのリーダーであるホロファンは、フランスの工場でAMETEK Landの新しい近赤外線ボルススコープ(NIR-B)ガラスを開発し、ガラス溶融タンク内の温度を正確に測定することで大きなメリットを得ています。
    詳細を読む >

    エンジニアリングの概要
    熱画像によるガラス溶融プロセスの強化熱画像によるガラス溶融プロセスの強化

    オペレータがガラス溶融タンク全体の正確な視覚を維持するとともに、プロセス中の任意のポイントおよびタンク内の任意の場所で温度測定を行うことができる熱画像形成機能を追加することは非常に貴重です。最新のIEEEエンジニアリングブリーフ「熱画像は、AMETEK Landのスポンサーである今日の複雑なガラス溶融プロセスを高めます」を参照し、NIRボアスコープ(NIR-b)が新しいアプローチをどのように提供するかを理解してください。  詳細を読む >

     アプリケーションノート
    Application Note - Glass Tank Refractory Monitoringガラスタンク耐火物モニタリング
    ガラス炉の耐火性耐火物は、特にタンクの寿命が尽きるまでの間、安全性とプロセス効率にとって極めて重要です。 耐火物の劣化は燃料費を増加させる可能性があり、ガラスの破損や耐火物の破損を引き起こす可能性があります。 続きを読む > ビデオを見る >


    Float Glass Plant Behind the Lehr Application Noteフロートガラスプラント上のLEHRの空冷ゾーンダウンストリームにおける温度測定
    ガラス内の応力を低減し、プロセス全体の長さにわたって冷却速度を最適化するには、温度プロファイルを頻繁に正確に測定することが必要です。 続きを読む > 
    ビデオを見る>


  • 仕様 +


    技術的な詳細

    測定範囲:
    1000~1800 °C / 1832~3272 °F
    スペクトル応答: 0.85~1.05µm
    フレームレート: 30fps(ギガビットイーサネット)
    画像ピクセル: 656 x 494
    精度: 1%
    密封: IP 65 / NEMA 4
    再現性: 1 °C
    データ出力: ギガビットイーサネット上のデジタルデータ
    ソフトウェア: Windows用完全Land画像処理ソフトウェア(LIPS)パッケージ
    視野: 
    水平:
    90° x 67.5°
    即座の視野: 2.4mrad(90°)
    焦点範囲: 1メートル~無限
    プローブの長さ: 915 mm (36")
    プローブの直径: 60 mm (2.36")
    定格出力: 24V dc、3ワット
    SVAロゴ
    SVA空気圧オートリトラクト:
    システムは、ボアスコープ熱画像カメラ、水冷式およびエアパージ式ボアスコープチューブ(画像装置保護ハウジング)、空気圧自動収縮システム、25m高温ケーブルセット(画像装置から制御ユニット)、制御ユニットおよびメディア制御ボックス、ローカル制御ボックス熱カメラのオートリトラクションシステムの隣)と25mの高温ケーブル(ローカルコントロールユニットへの制御ユニット)、6個のボールバルブ付きのローカルメディアバー、1セットのPTFEホース(周囲温度200 °C)(メディアバーへの保護ハウジング)、エアフィルタセット、およびLIPS NIR-Bサーバーソフトウェア。
     
    寸法(自動収縮機構およびボアスコープ):
    410 x 700 x 1400 mm / 16 x 27.5 x 55インチ
     
    寸法(コントロールボックス):
    1000 x 400 x 200 mm / 40 x 16 x 8インチ
     
    重量(自動収縮機構およびボアスコープ):
    63 kg / 139 lb
     
    重量(コントロールボックス):
    31 kg / 69 lb
      電気自動リトラクトシステムは要望に応じて利用可能

  • ドキュメンテーション +

  • 関連アプリケーション +