SDS - スラグ検知システム

SDS - スラグ検出システム

スラグ検出システム(SDS)は、製鋼プロセスにおけるスラグの混入を正確でタイムリーに検出する実証済みソリューションであり、工場における製品の品質向上、スラグ混入の低減、オペレーターの安全性向上を可能にします。

  • 概要 +


    鉄鋼業界における60年間以上のアプリケーションに関する専門知識が生み出したAMETEK Landのスラグ検知システム(SDS)は、歩留まりを向上し、高品質な鉄鋼を提供し、コストのかかる下流工程の処理を削減します。さらに、とりべ耐火物の摩耗低減という利点もあります。

    スラグと鉄鋼のレベルはタップの終わりで急激に逆転します。とりべ内のスラグが過剰なレベルになることを防ぐためには、アラームのトリガー後に、迅速にタップを終了させる必要があります。SDSは高解像度の熱画像カメラを使用して、鉄鋼とスラグのレベル遷移を検出します。専用熱画像カメラは、過酷な動作環境への耐久性を備えた設計と、特定の波長を利用することにより、フュームや煙などにより生じる「ブラックアウト」を低減します。オペレーターは、リアルタイムに表示されるデータを使い、タッピング工程に関する情報に基づく意思決定を行うことができます。

    ステンレス鋼を含む二次精錬炉(EAFBOFなど)のオペレーターに適しています。ご要望により、銅、プラチナ用のシステムもご用意いたします。システムは、必要に応じてフリーボードの高さを示すこともできます。

    製品の品質向上
    SDSを使用すると、各タップ終了時のオペレーターの応答時間と一貫性が向上することが実証されています。その結果、従来のストリーム監視法と比較して、スラグの深さは最大25%削減されます。

    下流工程コストの削減
    下流工程に要する時間と材料のコストが増加することは、稼働中のプラントの大きな負担になる可能性があります。スラグの混入を制御することにより、コストのかかる下流工程を削減または排除し、プラントの処理能力と操業のマージンを改善することができます。

    自動運転
    タップを開始すると、ストリーム識別アルゴリズムを備えたアプリケーション専用ソフトウェアがそれを記録し、品質管理用にデータログとグラフを生成します。一般的な設置環境における信頼性の高い動作を保証するために、ストリームトラッキングメカニズムが組み込まれています。オペレータが定義した量を超えるスラグが発生すると、自動的にアラームがトリガーされます。このシステムは装入量に関わらず、オペレーターの介入を必要とすることもなく、鉄鋼/スラグを正確に確実に検知するように設計されています。

    スラグ検知システムは、製鋼施設におけるスラグの混入を監視し削減するAMETEK Landの決定的なソリューションです。スラグの混入を削減し、コストを節減し、オペレーターの安全性を向上させることが証明されています。

  • 仕様 +


    SDSカメラユニット
    測定範囲: 8001800 °C / 14723272°F
    画像解像度: 640 x 480 ピクセル
    スペクトル感度: 3.9 μm(中央)
    フレームレート: 50 フレーム/
    検知器: マイクロボロメータ-フォーカルプレーンアレイ(FPA
    光学特性: 標準 - 12°(水平)x 9°(垂直)
    焦点範囲: 4 m / 13.1ft~無限大
    保護ウィンドウ: サファイア(交換部品あり)
    精度: 測定値の±2%
    温度解像度: 0.5 °C / 32.9 °F800 °C / 1472 °F 黒体温度)
    筐体: 熱保護シールド付き水冷/エアパージ式筐体
    サイティングチューブ: (サファイア保護ウィンドウ付き)
    寸法: 560 x 215 x 235 mm / 22 x 8.5 x 9.3 in.
    重量:     10 kg / 22.05 lbs.
    保護等級: IP 65
    SDSカメラサプライ
    接続: カメラユニットと画像処理システム間のローカル接続インターフェース
    サービス: 筐体の背面にある水、装置エア、電源入力
    電源ユニット
    コンポーネント: 電源、イーサネット通信(スイッチ)
    PSU - 保護等級: NEMA Type 4
    寸法: 380 x 380 x 211 mm / 15 x 15 x 8.3 in.
    重量:
    15kg / 33.07 lbs.
    接続:
    光ファイバーデータ接続(オプション)
    画像処理ユニット
    スラグ/鉄鋼検知: 定義したウィンドウ内で事前に設定した割合のスラグまたは鉄鋼/金属が検出された場合にアラームを有効化
    ユーザー表示: フロントページ情報表示とLocation(場所)識別子。インターフェース経由で入力される外部データの表示。
    自動機能: 自動タップ検知、ストリームトラッキング、鉄鋼/スラグ比、熱ビデオ/ビデオファイル記録、タップ番号を含むすべてのデータのログファイル、鉄鋼/スラグの割合(棒グラフ、数値、グラフ)、アラーム色など)
    ソフトウェア: IMAGEPro-SDS - 高機能画像処理およびアプリケーションソフトウェア
    インターフェース:
    オープンデータインターフェース、Modbus TCPMoxa I/Oユニット
  • 視野 +



    Distance 4m  5m 7.5m  1m  15m 
      Width Height  FOV  Width  Height   FOV  Width  Height   FOV  Width  Height   FOV  Width  Height   FOV 
    12° x 9° 0.84m 0.63m  1.3mm   1.05m 0.78m  1.6mm  1.57m  1.18m  2.4mm  2.1m  1.57m  3.2mm  3.15m  2.36m  4.9mm 

  • ビデオ +

  • ドキュメンテーション +

  • 関連アプリケーション +

    • Iron to Steel - Basic Oxygen Furnace
      BOF - 基本酸素炉

      低炭素溶鋼を生産するための重要な段階である基本酸素炉は、廃棄物としてスラグを生産します。当社のSDS-Eスラグ検出システムは、タップの終わりに向かってスラグキャリーオーバの開始を監視し、鋼の品質を維持し、装置の損傷を防止します。

      引き続きお読みください

    • Iron to Steel - Electric Arc Furnace - Tap
      電気アーク炉(EAF) - タップ

      電気アーク炉は、廃棄物としてスラグを生産します。SDS-Eスラグ検出システムは、タップの終わりに向かってスラグキャリーオーバの開始を監視し、鋼の品質を維持し、装置の損傷を防止します。

      引き続きお読みください

    • Iron to Steel - SDS
      SDS

      AMETEK Landは、炉から持ち越されるスラグの量を最小限に抑えるために、専用のSDS-Eスラグ検出システムを提供しています。早期検出により効率が向上します。

      引き続きお読みください