ガラス溶融炉向け統合ソリューション

ガラス溶融炉
ガラスに施工された表面コーティングとは無関係に、ガラス強化工場での高精度温度測定のための統合ソリューション。
  • 概要 +


    ガラス溶融炉システムは、低放射率表面を含む様々なコーティングを使用していても、複数のガラスタイプを稼動する工場のガラス温度を正確に測定するという課題に対応しています。

    設置および使用が簡単なAMETEK Landの高精度技術は、より一貫した製品のために、破壊的なテストを行うことなく、より優れた品質管理を提供します。また、過熱を防ぎ、無駄なエネルギーを最小限に抑え、コスト効率を確保します。

    当社の先進的な高精細LSP-HD走査式放射温度計およびコンパクトなデジタルSOLOnet温度計を組み合わせることで、データ処理を同時に行うために専用のWindows PCソフトウェアが使用されます。設定可能な警報を特定のプロセス条件に設定して、オペレータに製品品質の問題を即時に警告することができます。

    ガラス溶融炉システムは、コーティングとは独立した非常に詳細なガラス温度測定値を生成することにより、世界中のガラス強化工場に最適です。

    複数のガラスコーティングのための理想的な解決策
    LSP-HDはガラス面を上から150Hzでスキャンし、SOLOnetは下面の温度補正測定を行います。これにより、当社の強力なLandscan WCAソフトウェアは、さまざまなコーティングを使用しても、正確な結果を継続的に提供することができます。

    過酷な条件下における信頼できる結果
    ガラス溶融炉システムはIP65/NEMA4規格に準拠しており、測定環境の信頼性および最大稼働時間を保証します。超硬サファイアスキャナウィンドウは温度計を保護し、長寿命でメンテナンスの必要性を最小限に抑えます。

    簡単な設置および動作
    1つのプラグアンドプレイケーブル接続により、走査式放射温度計の設置コストが削減され、セットアップが容易になります。処理されたデータは、プロセス制御システムに簡単に接続できるように、単純なクロスプラットフォームのTCP/IPプロトコルで転送できます。

    ガラス焼き戻し炉システムは、複数のガラスタイプの温度測定用にAMETEK Landの統合ソリューションです。
     
  • 仕様 +


    ラインスキャナ LSP HD-50 LSP HD-52
    測定範囲: 150~750 °C / 302~1382 °F  500~1100 °C / 932~2012 °F 
    スペクトル応答: 公称5µm
    スキャン角度:
    80° (40°に調整可能なソフトウェア) 
    スキャン速度: 10~150Hz(1Hz刻みで調整可能) 
    測定ポイント: 1スキャンラインあたり1000 
    システムの精度: ±2 °C / 3.6 °F  ±3 °C / 6.4 °F 
    周囲温度: 5~60 °C / 41~140 °F (指定) 
    5~70 °C / 41~158 °F (動作) 
    環境密封:
    IP65 

    シングルポイント温度計 ソロネットSN5
    測定範囲: 200~1100 °C / 392~2012 °F
    スペクトル応答: 5 µm
    システムの精度: 0.35%K
    周囲温度: 5~60 °C / 41~140 °F (指定)
    0~70 °C / 32~158 °F (動作)
    環境密封: IP65 / NEMA 4X

    T_Glass/0613