Skip to content

IMAGEPro - バージョン1.0.4 - 無料トライアル

リリース日: 2020/03/02

種別: 無料トライアル(30日間)

動作環境: Windows 7 SP1、Windows 8.1、Windows 10 要.Net Framework 4.6.2

最小ハードウェア要件:

  • Intel i5 2.5GHz
  • 8GB RAM
  • 512MB グラフィックカード

1GBPSネットワークアダプター

サポートされている言語: 英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語(ブラジル語)、 日本語、韓国語、中国語(簡体字)

バージョンリリースノート: 

  • 新製品リリース。
  • カラーパレット: 6色のカラーパレットと5つの等温線。
  • 関心領域: 点、長方形、楕円、自由描線またはプロファイルラインを使用して、カメラごとに100の関心領域を設定できます。
  • グラフ: プロファイルライン、ヒストグラム、トレンドおよびゲージグラフ。
  • データ保存: MS SQL ServerまたはSQLIteデータベース保存。
  • 高性能トリガーシステム: 値が条件を「トリガー」する際に、I/O信号の送信や記録の開始などのアクションを実行できます。
  • 事前記録済みキャッシュ: 記録がトリガーされる前に、最大10秒間の記録が可能。
  • 分析修正: 分析結果を表示する際に、しきい値の上または下のフレーム値を無視します。
  • ユーザー管理レベル: 3種類の異なる権限でソフトウェアへのユーザーアクセスを制限します: ゲスト(ビューのみ)、スーパーバイザー(ビューと表示設定の変更)、管理者(イメージャーの設定を含む完全なアクセス)。
  • 統合MODBUSサポート(マスター/スレーブ): ユーザーは、IMAGEProデータ出力をModbus登録番号にマッピングすることにより、Modbus TCPを通じて送信または受信する
  • システム内のデータ値を設定することができます。
  • 統合型I/Oサポート: Moxa I/O LogikおよびBeckhoff CX9001/CX8090モジュールと直接通信します。最大16台のI/Oモジュールを接続可能。ユーザーは、IMAGEProデータ出力を I/Oモジュールピンにマッピングすることで、I/Oを通じて送信または受信するシステム内のデータ値を設定することができます。

 
ソフトウェアのダウンロードには、ウェブサイトのユーザーとしてのログインまたは登録が必要です。