熱処理

Heat Treatment
冶金的特性を高めるために金属を熱処理することは、高精度の温度測定および制御を必要とします。これらのプロセスの多くにおいて、接触温度装置は使用できません。  AMETEK ランド では、これらのプロセスに合わせた正確な非接触ソリューションを提供しています。

AMETEK ランド は、難燃性、レーザ硬化、レーザ溶接、プラズマ窒化、およびその他多くの熱処理および焼鈍作業用の非接触温度ソリューションを生産しています。
  • 用途 +

    • Heat Treatment - Annealing
      焼鈍

      金属は、特定の特性を達成するために、計画された熱経時変化で加熱および冷却されます。この用途では、SPOT M210、R210、およびM160温度計を推奨します。

      引き続きお読みください

    • Heat Treatment - Flame Hardening
      火炎硬化

      直接、炎を適用することによる表面硬化は、正確に測定することが困難です。Cyclops 390Lおよび炉温度計システム(FTS)は、この問題を克服するために特定の波長帯を使用します。

      引き続きお読みください

    • Heat Treatment - Laser Hardening
      レーザ硬化

      表面硬化に使用されるレーザは、測定方法を妨げる可能性があります。AMETEK Landは、理想的な測定ソリューションとして、1.6μmまたは2.4μm波長帯を使用して、SPOT範囲の温度計を推奨しています。

      引き続きお読みください

    • Heat Treatment - Plasma Nitriding
      プラズマ窒化

      このプロセスで使用されるプラズマフィールドは表面を覆い隠し、温度測定を困難にします。これを克服するには、Cyclops 160LまたはSPOT M160をこの用途に使用することを推奨します。

      引き続きお読みください