板ガラス

Flat Glass
平らなガラスは、より高密度の液体、通常は溶融した錫の層上で凝固させることによって生産されます。このプロセスは、透明で、着色され、コーティングされたガラスを生産するために使用されます。

板ガラスは、建築用および自動車用ガラスを含む様々な用途に使用されます。高品質の最終製品には、温度の正確な測定および冷却の均一性が重要です。

AMETEK Landは、効率および製品品質に必要な熱測定値およびデータを提供するために、幅広い高精度計器を提供しています。当社は、数十年にわたり、ガラス産業に板ガラスソリューションを提供し、そのプロセス内の特定の用途専用のソリューションを開発しました。

アプリケーションノート

Float Glass Plant Behind the Lehr Application Noteフロートガラスプラント上のLEHRの空冷ゾーンダウンストリームにおける温度測定
ガラス内の応力を低減し、プロセス全体の長さにわたって冷却速度を最適化するには、温度プロファイルを頻繁に正確に測定することが必要です。 続きを読む >  ビデオを見る >

  • 用途 +

    • Batch Inlet
      バッチ入口

      バッチ入口での測定は、品質管理のためにガラス原材料の温度監視を行います。この用途には、ARCサーマルイメージャまたはRT8温度計を推奨します。

      引き続きお読みください

    • Melt Tank – Inside Refractory
      溶融タンク - 内側耐火物

      最適なプロセス制御、エネルギー効率およびタンク状態は、耐火性壁面測定によって制御することができます。NIR-B Glass、Cyclops100L、Model FG、およびSPOT M100を推奨します。

      引き続きお読みください

    • Melt Tank - Outside
      溶融タンク - 外側

      ARCサーマルイメージャは、溶融タンクの外部を継続的に監視するために推奨されます。これはタンクの状態を監視し、ガラス破損または耐火性破損の可能性を警告します。

      引き続きお読みください

    • Regenerators
      リジェネレータ

      タンクのこの重要な領域には、正確で信頼できる温度測定が不可欠です。AMETEK Landが推奨するソリューションは、Model FG、SPOT M100、およびLancom 4です。

      引き続きお読みください

    • 排ガス

      ガラス製造は煙道ガスの放出を生じ、それは監視されなければならない。 プロセスのニーズに応じて、Lancom 4、モデル4500 MkIII、WDG 1200/1210、モデル9100を提供しています。

      引き続きお読みください

    • Canal

      管は、溶融タンク出口を錫バスに連結します。ガラスのバルク温度測定には、Model FGまたはSPOT M100温度計をお勧めします。

      引き続きお読みください

    • Tin bath
      錫バス(フラット)

      一貫して高品質のガラスを生産するためには、溶融した錫上でガラスが凝固する時点での、温度分布を理解することが不可欠です。FLT5A温度計を推奨します。

      引き続きお読みください

    • Tin Bath Exit
      錫バス出口

      錫バス出口での測定は、焼鈍プロセスの前に重要な製品品質情報を提供します。当社の推奨ソリューションは、LSP-HD 50ラインスキャナとFLT5A温度計です。

      引き続きお読みください

    • Annealing Lehr
      焼鈍レア

      冷却中は、温度分布の正確な測定が不可欠です。FLT5A温度計、LSP-HD 5FLラインスキャナ、JRG/Aアプリケーションに特化した温度計は、この重要な監視を提供するために推奨されています。

      引き続きお読みください

    • Air Cooling (Flat)
      空冷

      エアノズルは、ガラスを一定の大きさに切断する前に、均一な方法で冷却する必要があります。当社の推奨ソリューションは、LSP-HD 61ラインスキャナとRT8温度計です。

      引き続きお読みください

    • Cutting
      切断

      この段階での測定は、安全な切断を保証し、品質管理チェックを提供します。この用途には、LSP-HD 60ラインスキャナとRT8温度計を用意しています。

      引き続きお読みください

  • 動画 +

  • ドキュメンテーション +