CAL - 連続焼鈍ライン

CAL - Continuous Annealing Line
連続焼鈍ライン(CAL)は、熱処理により鋼の結晶粒組織を改質し、硬さや強度などの特性を変化させるために使用されます。

このプロセスは、必要な品質の鋼を生産するための制御された加熱および冷却に焦点を合わせたいくつかの段階を含みます。プロセスと品質管理には、各ゾーンの正確な温度監視と制御が不可欠です。

AMETEK Landは、70年以上にわたって高品質で信頼性の高い温度測定ソリューションを鉄鋼産業に提供してきました。この経験は、鉄鋼メーカーにとって必要不可欠な測定を提供するために設計された当社の様々な専門機器に集中しています。
 
  • 用途 +

  • 動画 +