Skip to content

SPOT AL EQS - アルミニウムアプリケーション高温計

AMETEK Land  SPOT AL EQS 固定式放射温度計
アルミニウム押出成形、ストリップミル、成形/鍛造、およびさらなる処理のための単一センサーソリューションを提供する高度な非接触赤外線高温計。
  • 概要 +


    高精度で安定した固定式放射温度計であるSPOT AL EQSは、AMETEK Landの最先端SPOT技術と独創的で高度なデータ処理アルゴリズムを使用して、押出機プレス出口、クエンチまたはストリップミルでアルミニウム温度を測定します。

    1台の放射温度計は3種類の測定モードをすべて備えており、低放射率および可変放射率アルミニウムの最も正確なデジタル温度測定値を提供する専用のプリセットアルゴリズムを備えています。これにより、プレススピードを最適化し、スクラップを最小限に抑えた高品質の製品を保証します。

    測定範囲200 °C(392 °F)~700 °C(1292 °F)では、放射温度計を制御システムと統合して、プレスまたはミルでのスループットを最適化します。データは、リアディスプレイまたはウェブサーバー経由で直ちに利用可能になります。放射温度計内のビデオカメラおよびすべての機能へのリモートアクセスにより、放射温度計をローカルまたはリモートで表示、設定、焦点させることができます。

    SPOT AL EQSは、イーサネット、Modbus TCP、ビデオ、アナログ、および警報出力を1つのデバイスに組み込んだもので、特に押出クエンチまたはストリップミルアルミニウム温度を測定するために設計されています。

    カスタムアプリケーションの測定
    SPOT AL EQSには、押出プレス出口(E)、焼入れおよびビレット(Q)、ストリップミル(S)、鍛造/成形アプリケーション(F)、および高マグネシウム含有合金(F Mg)を使用した鍛造/成形アプリケーション用の5つの専用アルゴリズムがあります。 。実際のプラント環境での広範な試験から開発されました。完全に焦点を合わせることができる高品質の光学系と15msの高速応答により、詳細な押し出しプロファイルの測定を提供します。

      アルゴリズム     モード説明     放射率
    E 押し出し  低 (Low)
    Q 急冷 
    S ストリップ
    F 成形/ 鍛造 低~ 中
    F Mg 高 (High) マグネシウム 合金


    カスタム用途の測定
    SPOT AL EQSには、押出プレス出口、クエンチ出口およびストリップの3つの専用アルゴリズムがあります。実際の工場環境で広範なテストから開発されました。完全に焦点を合わせることができる高品質の光学および高速15msの応答が組み合わされ、詳細な押出形材の測定を提供します。

    正確な制御のための統合
    SPOT AL EQSは、プレス制御装置、PLC、制御ソフトウェアおよび直接容易に統合することができ、信頼性の高いプレス操作およびスクラップを最小限に抑えた高品質な製品の生産が可能になります。

    強力なソフトウェアサポート
    SPOTビューア PCソフトウェアは、小規模なAL EQS設置に、リモート監視とアルゴリズムチューニングの利点を追加しました。大規模な設置ではSPOTServerを使用することができます。SPOTServerは、新たに追加された製品の完全なアルゴリズムカスタマイズと同様に最大40個の放射温度計からのデータの構成、表示、ログを可能にします。

    SPOT ACTUATORにより強化された目標アライメント
    SPOTActuatorは、産業プロセス用途、特にSPOT AL EQS放射温度計を使用したアルミニウムアプリケーション向けのSPOT放射温度計の遠隔制御目標アライメントを提供します。

    SPOT AL EQSは、AMETEK Landのアルミ押出および圧延機における非接触温度測定のための専門ソリューションです。


    ケーススタディ
    SAPA Profiles UK、新しい温度測定ソリューションのメリットを享受SAPA Profiles Uk、新しい温度測定ソリューションのメリットを享受
    SAPA Profiles UKは、イギリスダービーシャー州Tibshelfにあるアルミ押出工場で新しいSPOT AL EQS(SPOTアルミ押出し、焼入れおよびストリップ)放射温度計を導入し、低放射率および可変放射率のアルミニウムの温度を正確に測定することで、効率および性能の大幅な向上を実現しています。  詳細を読む>


    エンジニアリングの概要

    SPOT AL EQS放射温度計、アルミ押出測定精度を提供 SPOT AL EQS放射温度計、アルミ押出測定精度を提供
    アルミニウムの使用は普及していますが、その押出には挑戦があります。具体的には、金属は固有の放射率特性および反射率の考慮事項を有し、正確で反復可能な温度測定を複雑にします。したがって、押出プロセス内の温度を理解し制御することは、高品質のアルミニウム押出部品を提供する上で重要です。詳細を読む >

    SPOT AL EQS放射温度計、アルミ押出測定精度を提供 アプリケーションノート
    アルミニウムの生産および加工産業における温度測定
    AMETEK Landは、アルミニウムの複雑な温度測定のための複数のソリューションを提供しています。当社の製品は、最高水準の品質と信頼性を満たし、プラントの運転条件下で正確な性能を保証します。続きを読む>



  • 仕様 +


    測定範囲: 200~700 °C / 392~1292 °F 
    測定精度: ± 5 °C (200 ° C)、± 3 °C (250 ° C) または ± 2 ° C または 0.25% K (300 ° C以上) (押出および急冷)、± 5 ° C または ±0.5 %K(潤滑ストリップ、成形/鍛造)
    再現性: ±3 o C (200 o C)、±2 o C (250 o C)、±1 o C (300 o C以上) (押出および急冷)、± 5 o C(潤滑ストリップ、成形 / 鍛造)
    解像度: 0.1 °C 
    ノイズ:  200 °C で5 °C、 250 °C で 1.5 °C、 <0.5 300° C° C以上  
    検出器のタイプ: アルミニウム温度測定の精度を最大限に高めるよう設計された、応用例特定に選択された狭い波長領域
    密封: IP65
    応答時間: 15ミリ秒~10秒で調整可能
    インターフェース: x2 0/4~20 mA出力、4 - 20 mA入力、Digital CMD InおよびCMD Out、イーサネット(TCP-IP、Modbus TCP、DHCP、http、udp、ICMP)  
    処理関数: ピーク/谷ピッキング、アベレージャー、ModeMaster、CMD In サンプリングまたは LED 制御、CMD Out アラー ム、複射能出力またはアクチュエータ制御
    電源要件: Power over Ethernet または 24~30 V DC
    ディスプレイ: 画像ストリーミングによるローカル表示 
    ソフトウェア:
    任意のウェブブラウザ上でのライブ構成および温度表示。データログ記録、ライブおよび履歴データのトレンド 表示、遠隔画像キャプチャが可能な、無料でダウンロード可能な SPOTViewer ソフトウェア; 複数の SPOT 高温 計で使用する場合は SPOTPro ソフトウェアが利用可能
    言語: 複数言語選択機能を内蔵: 英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語 (ブラジル)、日本 語、中国語 (簡体字)、韓国語、ロシア語、ポーランド語
    視野: 60:1~90% 
    取付: 幅広い取付具やアクセサリが使用可能
    周囲温度範囲: 5~60 o C / 41~140 o F 特定、0~70 o C / 32~158 o F 冷却を要する前の稼働時 
    焦点範囲: 300 mm / 11.8 in から無限大、ローカルまたは遠隔調整
    照準:
    統合ビデオ、ローカルディスプレイおよび遠隔画像キャプチャ付き。
    特許取得パルス緑色 LED 焦点パターン確認
    入力:
    4~20 mA入力、24V DC CMD In、イーサネット(TCP-IP、Modbus TCP、DHCP、http、udp、ICMP)
    出力: 2x 0/4~20 mA、CMD Outリレー、イーサネット(TCP-IP、Modbus TCP、DHCP、http、udp、ICMP) 
    設定:
    サーモメーター インターフェイスをローカルに使用またはリモート(Web サーバー、SPOTViewer または SPOTPro を使用) で設定。放射率、モード、電流出力範囲、アラーム ロジックによる出力としきい値、ネットワー ク設定、焦点と LED、言語およびユーザー名
    保証: 36か月
    *仕様範囲内の5~95%を超える測定。** 特許出願中

    詳細な技術仕様については、下記のドキュメントセクションの特定の製品パンフレットを参照してください。

  • ドキュメンテーション +

  • ビデオ +

  • ソフトウェア +

  • 関連アプリケーション +

    • Aluminium Extrusion - Billet
      ビレット

      アルミビレット温度計(ABT)およびSPOT AL EQSパイロメーターは、ビレット表面の迅速で正確な温度測定を提供し、ダイスの摩耗を低減し、プレス効率を改善し、製品の一貫性を向上させます。

      引き続きお読みください

    • Aluminium Extrusion - Extrusion
      押出

      SPOT AL EQSパイロメーターは、押出工程全体でアルミニウム温度測定を行うために、プリセットされたカスタマイズ可能なアルゴリズムを使用します。制御システムと統合し、信頼性を確保し、スクラップを最小限に抑えます。

      引き続きお読みください

    • Aluminium Extrusion - Quench
      クエンチ

      SPOT AL EQSパイロメーターは、クエンチ出口測定に適しています。冷却速度を確認して合金に相応しい硬度および張力強度を確保します。

      引き続きお読みください

    • Aluminium Strip Mill - Reheat / Slab Heat
      再加熱 / スラブ加熱

      熱間圧延の前に、アルミニウムスラブを再加熱炉で加熱する必要があります。SPOT AL EQSは炉出側で正確な測定を行い、正確な加熱を保証します。

      引き続きお読みください

    • Aluminium Strip Mill - Rolling Mill
      圧延機

      SPOT AL EQSは、再焼鈍/仕上げコストの削減、ミルの問題の検出、プロセス制御の改善を可能にする、明るく半完成の熱合金ストリップの正確で再現可能な温度測定を提供します。

      引き続きお読みください

    • 予熱と鍛造
      予熱と鍛造

      鍛造する前に、使用する合金にもよりますが、ブランクは通常約550°C(932°F)の温度に予熱されます。次に、フラットダイまたは成形ダイの間で加工して、目的の鍛造製品を製造します。

      引き続きお読みください

    • 誘導加熱
      誘導加熱

      これは、鍛造、取り付け、コーティング、または熱処理を含む多くの目的に使用できる、高速で信頼性が高く効率的な加熱アプリケーションです。望ましい特性を確保するために、金属が特定の温度ウィンドウに加熱されていることを確認することが重要です。

      引き続きお読みください

    • 取り付け/収縮
      取り付け/収縮

      取り付け/収縮は、金属用途で一般的に使用され、コンポーネントを別のコンポーネントの中または周囲に取り付けます。これには、部品を加熱して膨張させてから冷却することが含まれます。これには、加熱プロセスを厳密に制御し、部品を損傷する可能性のある過熱を防ぐために、高速で正確な温度測定が必要です。

      引き続きお読みください

    •  曲げ用予熱
      曲げ用予熱

      アルミニウムを壊さずに曲げたり形を整えたりしやすくするために、最初に加熱することがよくあります。温度測定により、金属が適切に加熱されて曲がりやすくなると同時に、アルミニウムへの熱による損傷や予期しない材料の厚さから保護されます。

      引き続きお読みください

    • コーティングのための予熱
      コーティングのための予熱

      アルミニウム部品に表面コーティングを施すために、熱がよく使用されます。金属の加熱が不十分な場合、コーティングがコンポーネントに正しく接着しないか、均一に接着しない可能性があります。ただし、熱すぎるとコーティングが損傷する場合があります。したがって、加熱プロセスを確実に制御するには、正確な温度監視が必要です。

      引き続きお読みください

  • 関連製品 +