熱間圧延機

Hot Rolling Mill
製品の品質、均一性を確保し、生産歩留まりを向上させるためには、プロセス全体にわたって温度測定が不可欠です。

精密な非接触温度測定は、デスケーリング機の後、粗加工や仕上げ加工のスタンドおよびコイラ前の層状冷却セクションの後に行われます。

Landscanプロセスサーマルイメージャを使用することにより、エッジ温度の均一性全体を検証して制御することができます。

ストリップ全体の均一な温度バランスを確保することにより、均一な粒度を確保し、キャンバーの問題を防止します。

層状冷却セクションの後にLandscanを使用すると、エッジマスキングのような高度な冷却制御方法が実現できます。

ストリップの上側が黒い水で覆われている場合、洗練され頑丈なアンダーストリップ型パイロメーターが高品質の温度測定を行います。

AMETEK Landは、世界各地の熱間圧延用途向けに特別に設計された非接触温度測定システムの全製品を生産および供給しています。ホットミルの過酷な動作条件で正確な結果を保証するために、すべてが最高水準の品質と信頼性を確保するように設計されています。

パンフレット
熱間圧延機パンフレット鋼生産 - 熱間圧延
正確な温度測定は、高品質の鋼の生産に不可欠です。AMETEK Landの非接触型赤外線温度計は、熱間圧延プロセスを通じてすべての重要な位置でこれらの正確で非侵襲的な測定を提供します。当社のセンサの多くは、お客様のご要望に応じて独自の開発を行っています。
パンフレットを見る>

鋼生産燃焼ソリューションパンフレット鋼燃焼ソリューション
鉄鋼生産プロセス中の燃焼運転は、厳しい環境規制の対象となる排出物を生成します。これらの排出量を監視および管理することは規制要件であり、プロセス効率のメリットも提供します。
パンフレットを見る>



アプリケーションノート

アプリケーションノート - 金属再加熱炉の温度測定 金属再加熱炉における温度測定
再加熱炉は、圧延、押出または鍛造のために、冷たい金属を適切な温度にします。最適な品質および廃棄物を減らすために、製品全体に温度が均一でなければならず、正確な温度監視が必要です。詳細を読む > ビデオを見る >