エタンクラッカー

Ethylene Cracker
世界中で最も高濃度に生成された有機化合物であるエチレンは、ガス状または軽質液体炭化水素を750~950℃(1382~1742°F)の範囲の温度に加熱する蒸気クラッキングによって、産業的に得ることができます。

プロセス制御および分解炉の状態を監視するには、リアルタイムの熱分析が必要です。これには、高温に耐えることができる正確で非接触のソリューションが必要です。

豊富な産業経験と知識を使用して、AMETEK Landは炭化水素処理の炉測定専用ソリューションを開発しました。当社は、定期的および連続的な温度監視の両方に実績のある測定ソリューションを提供しています。 
  • 用途 +

    • Ethylene Cracker - Steam Cracking Furnace
      蒸気分解炉

      正確な温度測定を行うことで、このプロセスを最も効率的なレベルに最適化し、燃料コストを削減し、装置の寿命を延ばすことができます。

      引き続きお読みください