アンダーストリップ

AMETEK Land Industry Application Specific - Understrip Thermometer
鉄鋼製のローラテーブルの下に、スケールフリーの金属表面を連続的かつ正確に監視するように設計された、光ファイバ温度測定システム。
  • 概要 +


    アンダーストリップは、AMETEK Landの熱間圧延平鋼製品の温度測定のための用途別ソリューションであり、鋼の下面から測定するように設計された堅牢で正確なシステムです。これにより、上面に存在する可能性のある地表水や小規模な水の影響を回避できます。加えて、コイラに近い低温で短波長の測定に加えて、下側の設計は周囲照明干渉の可能性を回避します。USTSは、存在する様々なロールテーブル設計に対応するように、各工場および場所ごとにカスタム設計されているのが一般的です。  

    設置が容易で、トラブルのない操作を提供するように設計されたこのシステムは、密閉されたライトガイドによって電子増幅器ユニットに接続された取り外し可能な光ファイバプローブを収容する、低コストの照準チューブ/パージユニットからなります。

    センサ電子機器は遠隔に配置されます。ミルのニーズに応じて、2種類のUSTSが利用可能です。ポータブルバージョンは、ラインの下で簡単にスライドさせることができ、必要に応じて取り外して、別の監視位置でラインの下をスライドさせることができます。これは非常に有用なプロセス分析ツールになります。永続的なマウントバージョンも利用できます。  SPOTSystem 4、またはUNOのパイロメーターファミリーから温度センサを選択できます。

    鋼産業での使用のために特別に開発されたアンダーストリップシステムは、正確な温度測定が金属の最終冶金的特性を決定する平鋼製品の熱間圧延に関係する製鋼業者にとって理想的です。

    アプリケーション条件向けの設計
    アプリケーション固有として、このシステムは鋼ミルの条件用に構築されています。容易に取り外し可能なプローブは、ミルローラの下のさまざまな位置に適合しますが、電子機器は損傷を避けメンテナンスの必要性を減らすために遠隔地に配置されています。

    ミニマムサービス
    アンダーストリップシステムは、温度計の視界をパージするためのクリーンエアー供給のみが必要です。水冷は必要ありません。堅牢で信頼性の高いシステムは、メンテナンスをほとんどせずに何年も継続して動作します。

    アンダーストリップは、AMETEK Landの製鋼所圧延専用温度測定ソリューションです。
  • 仕様 +


    システム仕様
    温度範囲および
    温度計タイプ:
    M1 600/1600CL 600~1600°C
    M1 800/2600CL 800~2600°C
    M2 300/1100CL 300~1100°C
    R1 600/1600CL 600~1600°C
    R1 1000/2600CL1000~2600°C
      レーザ標的温度計も利用可能です。
    光学系: A10 - 100mm焦点
    A25 - 250mm焦点
    A50 - 500mm焦点
    環境仕様
    動作温度範囲:
    (アンプユニット)
    M1 600/1600CL 0~70°C
    M1 800/2600CL 0~70°C
    M2 300/1100CL 0~50°C
    R1 600/1600CL 0~50°C
    R1 1000/2600CL 0~50°C
    エアガイドアセンブリ: 0~120°C
    光学ヘッド: 0~200°C
    設置: 適切な取り付け位置に締め付けられた照準チューブ。取り外し可能なプローブなしのプローブは、照準管内に配置されます。280x250/110mmエンクロージャに収納されたアンプユニットは、敵対的な環境から遠隔に配置されています。ランドマーク®グラフィック/クラシック信号プロセッサは、制御室に配置することができます。
    詳細な技術仕様および設置情報については、下記のドキュメントセクションの特定の製品パンフレットを参照してください。


     

  • ドキュメンテーション +

  • 関連製品 +