CGL - 連続溶融亜鉛めっきライン

CGL - Continuous Galvanising Line
連続溶融亜鉛めっきライン(CGL)の目的は、耐食性を改善するために鋼帯の表面に亜鉛または亜鉛/アルミニウムのコーティングを施すことです。

ガルバニングは任意に、コーティングを鋼製基材に合金化するために行われます。これには、ガルバニールセクションの出口での正確な温度監視が必要です。

AMETEK Landは、70年以上にわたり高品質で信頼性の高い温度測定ソリューションを鉄鋼産業に提供してきました。当社の専門機器にはガルバニールストリップ温度計(GST)が含まれており、ガルバニールプロセスにおける放射率を急速に変化させるために特別に設計されています。
 
  • 用途 +

  • 動画 +