Skip to content

蒸気分解炉

エチレン生産プロセスの一部として、炭化水素を蒸気分解炉で750~950°C(1382~1742°F)加熱します。効率的なプロセス制御には、好ましくない状況でのリアルタイムの温度測定が必要です。

分解が起こるには、炉を高温に保つ必要があります。過熱は、燃料を浪費し、炭素堆積物を増加させ、工場設備を損傷する可能性があるため、非効率的です。温度が低すぎると分解が無効になるため、最適な温度を維持するためにはリアルタイム分析が重要です。

高精度の測定により、炉内の最適なプロセス制御が可能になり、リアルタイムの熱分析の機会はエネルギー効率の向上に役立ちます。NIR-B 3XRの継続的なモニタリングは、炉のホットスポットおよび損傷を検出し、メンテナンスを容易にし、高価なダウンタイムの長期間を防止します。

推奨製品 - Cyclops 390Lおよび NIR-B 3XR
  • 関連製品 +