オーブン出口

焼き戻しプロセスでは、ガラスがオーブンから出ると急速に冷却され、耐衝撃性に必要な表面応力が導入されます。それが曲げや形をつけたりする場合は、適切な温度にオーブンを保つ必要があります。いずれのプロセスにおいても、出口温度を監視することが重要です。

温度の均一性は、ガラスのさらなる処理に不可欠です。ラインスキャナを使用して幅全体にわたって精密な監視を行うと、ガラスが十分に加熱されたオーブンから離れることが確認されますが、ガラスコーティングはこれを正確に測定することが困難です。

上方からは ラインスキャナを使用し、下方からはコンパクトな 非接触温度計 を使用してガラスを見ることにより、表面コーティングを補償することができます。これにより、製品の品質をより詳細に監視するために、より正確な温度測定が行われます。

推奨製品 - LSP-HD 50FLT5ASOLOnet SN51および IQ